FC2ブログ
日本滞在記

ルドンの秘密の花園展

3
これも姉が三菱一号美術館のチケットを持っていたので...
20180311_115218

20180311_115002

20180311_115000

ドムシー男爵家の邸宅を飾っていたのですね。
絵を見たあとにランチにしました。
20180311_123053

20180311_124721
おいしい!
あれ、珈琲がついていた気がするけれど、この日はどうしてデザートを食べなかったんだっけ?
電車が混まないうちに、早めの電車でホテルに戻ろうとしてたんだっけかなあ。

東京駅で少しパンを買っていきました。
20180311_151934

どうして一つしかないんだろう。あれ、もしかして昨日アップしたパンはここのだったのかなあ。


追記: こちらの情報です。 http://mimt.jp/about/ 「三菱一号館」は、1894(明治27)年、開国間もない日本政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計された、 三菱が東京・丸の内に建設した初めての洋風事務所建築です。全館に19世紀後半の英国で流行したクイーン・アン様式が用いられています。 当時は館内に三菱合資会社の銀行部が入っていたほか、階段でつながった三階建ての棟割の物件が事務所として貸し出されていました。 この建物は老朽化のために1968(昭和43)年に解体されましたが、40年あまりの時を経て、コンドルの原設計に則って同じ地によみがえりました。 今回の復元に際しては、明治期の設計図や解体時の実測図の精査に加え、各種文献、写真、保存部材などに関する詳細な調査が実施されました。 また、階段部の手すりの石材など、保存されていた部材を一部建物内部に再利用したほか、意匠や部材だけではなく、 その製造方法や建築技術まで忠実に再現するなど、さまざまな実験的取り組みが行われています。 19世紀末に日本の近代化を象徴した三菱一号館は、2010(平成22)年春、三菱一号館美術館として生まれ変わりました。
スポンサーサイト



3 Comments

There are no comments yet.

-  

1969-12-31 16:00

KEYWORDS:

EDIT  REPLY    

ぽん  

2018-05-07 21:03

(笑www  パンやデザ~ト、どこへ??(笑
もぉ~いろいろお写真あるからわからなくなってしまいましゅよねぇ~
そしてこの美術館、見てみたい☆
三菱ってあの三菱創設者の1号館なのでしょうか・・・

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
ぽん様

sakulanbo204  

2018-05-08 17:26

あはは、ばれてますね。
ハイ、写真がごっちゃになっちゃいました。
三菱第一美術館、創始者のコレクションがはじまりかなって思っているのですけれど。

追記にホームページの情報、乗せておきますね。

EDIT  REPLY    

Leave a reply