FC2ブログ

旅行 Travel

パリ4日目・East駅で朝ごはん

3
20180415_083928

まずは、L'Est駅のPaulで朝ごはん。ここのパンとコーヒー、大好きです。
20180415_083935

と思ったら朝ごはんの写真がないや。
20180415_084459

美術館があくまで時間があったので電車の写真をとったのだったかしら?
20180415_084248
スリーピングカー。
20180415_084254
中が見たかったんだけど、全部ドアがしまってました。
20180415_084057

端っこにTGVも止まっていたのですが、写真を撮りそびれました。






追記:
嘘でもいい、いつもニコニコと幸せそうな顔をしていれば、幸せはやってくるという。
聖書にも、(エペソ人への手紙だったっけ?)「いつも喜んでいなさい」「美しい」もの、楽しいもの...を心にとめなさい」みたいなくだりがある。後半の句は言葉が怪しいです。

へ、そうなの?

日々の小さなゴタゴタはいつものことだけれど、アメリカに来て以来、「バケーション生活〇年目」を豪語している私。

最近、その幸せに拍車がついている気がする。

現実は、なにひとつ変わっていないが。
「バケーション生活〇年目」は人から言われて言い出したんじゃない。
東京生まれの東京育ちで、ずっと同じ学校。就職ったって、当時は4大卒の東京育ちの女子が地方で就職先を見つけるのはほぼ不可能だった。大阪ですら、当時は、「自宅通勤に限る」と但し書きがあってあきらめた(関西はお菓子メーカーが多かったんだよね)

結婚力なんてまるでなく、親元を離れたいと思いつつ、生活力もなく、地元以外の就職は不可能。子供の頃から好きになれなかった、この灰色の街で、もうすっかり退屈してマンネリ化してしまった家族と一緒に、このまんまずぅっと東京で暮らすのかと思っていたから、人生に夢とか希望とか、まるで持てなかったの。

それが、ある日、何を間違えたのか、ポーンと追んでちゃったんだから、毎日が幸せで当たり前だよね。

別に無理して幸せ探しをしているわけじゃなくって、心の底から幸せなんだが…

ここ数か月、冷蔵庫の中が空に近かったのが、さらに買い物にいかなかったから、冷凍庫の中もほぼ空っぽ状態。
お隣のスーパーで、ポイントがx5 のスペシャルキャンペーンが水曜日からだったからね。

でも、その前に…と、食パンを焼いたらふかふかに仕上がって、スコーンも焼きあがっていて、前日に焼いたマドレーヌもあるから、当面の炭水化物系は確保できて、おまけに、前に「使わないから」ともらったセモリナ粉があったから卵を入れてパスタにしたら幸せな仕上がりになって。(あ、これはお買い物の後だけど)

冷蔵庫の中とそれ以外の缶詰(前回寄付しちゃったからね)、あと、食品以外のティッシュとかたくさん買いこもうと意気込んでいったら、また骨付きの豚の塊肉が450グラムで1ドルの最近では最安値!FosterFarmの骨付きの鶏のむね肉も450グラムで99銭とだったか1ドルだったか…大きな塊4個で6ドルくらいしてたから、2キロちょっとってことかな、あ、それとも、あれは豚肉の値段だったっけ? ハムとベーコンも買い足して...
探していた、セールのロブスターと、特売だけど大きなパッケージのトライチップ(ローストビーフにする牛肉)、あと、特売のはずのコーンも見当たらなかったんだけど、この頃にはもうカートがほぼ満杯だったので、とりあえずメモしてきた(←めったに使ったことがないが、今回は使った)必需品は全部買い込んで、足りなかった詰め替え用のスパイスも買って、Bone Mamanのジャムは実はまだあったけどセールだったからこれも一瓶買って…

これを幸せと呼ばずになんていおう。

まあ、要するに、あなたは食べ物に囲まれて入れればいつも幸せなんでしょってことかもしれないが。


追記の追記

で、天邪鬼故の発言なんだが...
ここしばらく私が夢中になっていた、引き寄せの法則だの精神論だのスピリチュアルだの
すべて(まっとうな系統のものは)正しいということは否定しない。

だけどさ、やっぱ、ふざけんじゃない!
って思う。子供の頃からいつも神様に言っていた文句と一緒

どうして、そうすることが難しいように人間を作っておいて、そんでもって、そんな不可能なことを「さあ、やりなさい!」っていうんですか?
という質問。
あ、私の場合は、もちろん、神様を責める言葉じゃなくて、「なぜ、おせーて!」のほうだが


幸せになれなくて、幸せになりたくてもがいている時に、「幸せだと思いなさい!」ってアドバイスしても無意味だと思う。

まあ、症状(?)が軽い(あ、状況がそれほど悪くないかな)場合は、斎藤ひとりさんが言われるように、「そう思えなくてもいいから、とにかく口に出して言ってごらん」というアドバイスは有効だとは思うが、本当に落ち込んでいる時は、そんな言葉すら口にできないんじゃないかと思う。

そう、いいんだよ。なんでもありなんだと思う。

無理に幸せだと思う必要なんてな~んにもない。
ほうっておけば、嵐は頭の上を通り過ぎて行って、また青空が戻ってくるから、無理して念力で青空を呼び寄せる必要なんてまるでない。
俗にいう、霊能者とか占い師さんがやっていることって、「比喩的な表現で」という但し書き付きではあるが、この「念力で青空を呼び寄せる」事に近いよね。
本当に力のある人は、本当に、ものすごいエネルギーでこれをもたらすことができる。
力がない人でも、いずれは青空はやってくるから、話術がたくみなら、それなりに人を引き付けることができる。

でも、そんなものなくても、青空はやってる。

いえね、「西暦XXXX年、地球からは青空がなくなりました」ってことになれば、これはあてはまらないが、んで、太陽と地球の寿命がくれば、その前に、そういうこともあるかもしれないが。
スポンサーサイト



3 Comments

There are no comments yet.

-  

1969-12-31 16:00

KEYWORDS:

EDIT  REPLY    

ぽん  

2018-05-27 22:05

パリらしい駅の風景で、旅行に来たって感じでいいでしゅよね☆
電車、かっくいいでしゅ☆

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
ぽん様

sakulanbo204  

2018-05-28 11:19

ありがとうございます。
ほんと、こういう電車を見ると、旅行に来たなあって気がします。

EDIT  REPLY    

Leave a reply