FC2ブログ
ひとりごと Musing

6月のお花とひとりごと

2 0
写真は、6月に練習した自由花を家に帰って別の器にいけなおしたもの。
20180604_064019.jpg
はあ、どうして先生が直すとあんなにきれいなのに、私がいけなおすと同じ形にならないんだろうか…

ま、仕方ないけどね。

何か書こうと思って写真をアップしたのだけれど…

あんまり書く気分じゃないや。

ひとつ、声が変わったと前に書いたけれど、また、少し変わったみたい。前回変わった時は、無理せずに大きな声が出せるようになったくらいなんだけど、咽に、新しく弦が加わったみたいな感じで、発声すると、ほんの少し高い音がビーンと出てくる感じ。逆に、ひそひそ声で話したい時には声を思いっきり小さくしないとならない。

心境の変化と声の変化???

あるいは、チャクラが開いたとか言う説明をする人もいるかもしれないけれど…

私を取り巻く状況は相変わらずのしっちゃかめちゃかで、まわりは自分勝手な人たちばかり…

ひとつ、わかったことがあった。たぶん、私の家族も私も、いつも、「他の方のご希望を優先してください」と、どちらかというと人に譲ってしまうタイプ。

これが、心の奥底からの声ならばそれでよい。でも、自分を出し切れないから…あるいは、そうするべきだと教え込まれて育ったから、とか、私なんて幸せになる値打ちはないから…と、もし、心のどこかで思っているとしたら、その思いが、この現実を引き寄せる…

自分の心が満たせたら、人に対して、心の底からやさしくなれる。見せかけのやさしさではなくて…
自分の心を満たすためには...

私の場合は他力本願かもしれないと、いつも思う。

他力なんだけれど、子供の頃から、いつも否定しつづけて、拒否し続けていた他力…

なにか、心のどこかが開いたのかもしれない。
すごっく人に対してやさしい気分になっている自分がいる。

そして、この思いから見ると、いろいろなことがよくわかる。
あそこで、わがまま放題しているあの子、あれって、まさしく私の影というか、ユング心理学でいうところのシャドー。

「私がお腹の底に封じ込めているネガティブな部分を、そっくりそのまま見せてくれているだけじゃないの。」と

ってことは、あの子も人形館の操り人形の一人に他ならないの???

ってことは、世の中のからくりがまた一つ見えてきた気がする。

無数のからくりの一つの謎がとけたところで、大勢に影響はないと言ってしまえばそれまでだが、私にとっては偉大な一歩。
追記です。

ふと思いました。
元上司との関係が悲惨なことになってからかなり時間が立つけれど、このパターンは10年くらい前にもあった。

どちらも、最初は私にものすごくよくしてくださった、やさしいやさしい方たち。10年前のあの時も、「私のせいじゃあないよ~、どうして、なにがおきたの???」と思いつつ、あの時は、諸般の事情により、上司が原因ではなくて、会社の社長とシスターカンパニーの会長が原因で、あっさりやめた。
で、会社の社長は、私がやめたのは上司のせいと思い込んだらしく、その方はブラジルに飛ばされたと風の便りで入ってきたが…

閑話休題

今回のことだって、状況によりこうなっちゃっただけで、元上司は、今でも私の大好きな大好きな元上司。いままでさんざんよくしてもらった恩義もある。

ただ、元上司のご機嫌をとると、今上司の機嫌が悪くなる手前、にっちもさっちもいかないというのが現状。

このあたりも、10年前のパターンに酷似している。

これが、私のパターンだとすれば、ここで、私が学ばなければいけないことはいったい何???

大好きな上司に巡り合って、とてもよくしてもらって、お礼に一生懸命仕事をして…

なぜ、それがすべて裏目に出るの?

仕事をしたからいけないの?
仕事をしてはいけないの?

ずっと自問自答してきた。

そう、私が、仕事をせずに遊んですごせば、みんなの機嫌がとてもつなくよくなる時期もあった。
が、私のほうがネを上げた。いくらなんでも無理だよ。

だけど、これは間違いなく、私の「パターン」

大好きな大好きな上司のために、大喜びで仕事をしていた私が…なぜ、その人とこれほど気まずい関係に立たされる???
根源は私の何かが引き起こしているとしても、これ、私のやったことの結果っていうより、他のお偉いさんの考え方とか、そんな関係の人事が絡んでいるわけで、これも10年前と一緒…

何を学べというの?

普通の人生論とかそういうやつは、「どんな小さなことでもいいから与えられたことを懸命に嬉々としてやれ」と書いてある。

懸命にやった仕事は片端からなくなっていくのに、それでも、どんな小さなことでも懸命にやれと???

ちがうよ。これじゃあ同じパターンが続くだけだ。

私の場合は役に立たない。

もしかして、3歳の時の思い込みをまだ引きずっている、私?

ああ、そうか、引きずっているね。

では、どうしたら?

ああ、そうか。

この観念をなくしたら、何がのこる?

だって、この観念をなくしてら、私が私じゃなくなっちゃうよ!

おい!

それがあんたの思い込みだろうが。

何を好き好んで、自分から不幸のタネをしょい込んで、その不幸と自分を同一化させる必要があるの?

子供の頃に数回、不幸な出来事があったってだけでしょうが。

その思い込みをもとに、「私がこうすると、こういう不幸なことが起こる」って図式を勝手に作り上げておいて、その観念を見ることすらせずに、「そこはかとない恐怖心」というラベルを張って、お腹の奥底に何重にも封印して隠し持っていてどうするの。

捨てちゃいな、そんな思いは。

今まで、ずっと捨てられなかった。

捨てられなかった理由は、それが、「恐怖感」と結びついていたから。

というよりは、それを捨てることに対するどうしようもない恐怖感があったから、捨てることすらできなかった。

今は、ただ、この思いを手放せばよいんだという気がする。

この思い、今の私には手放せる。

そして、ありがとう。

追記の追記

今、わかった。なぜ、子供の頃からずっと、ずっとずうっと、あれほどの長い間、「机に向かって勉強する」ということができなかったのか。
そして、今、やっとわかった。
私、本当は、勉強することが大好きなんだと。

ずっと「私は勉強してはいけない」と思い込んでいた。

なぜ、こんな歳になるまで、気が付かなかったのだろう。

私、今のこの瞬間まで、自分自身を、「生きるに値しない、幸せになる価値のない、無価値な人間」だと思い込んでいた。
そして、昨日まで毎日、このブログで、「そんなネガティブな考えは、とうの昔に捨て去った」と書き続けていた!

おそろしきかな、むねのうちなる おもいこみ
とおきむかしに すてたとおもいや

スポンサーサイト



2 Comments

There are no comments yet.

ぽん  

2018-07-23 23:21

声・・・多分・・・お年で変わると思います・・・
あっしも低くなって行ってますもの・・・ 元々低いのに・・・
で、活花♪  あっしにはまった~~くのセンス0からすると素敵だと思うんだけどなぁ~・・・
やられてる方からするとダメ出しなのでしょうね・・・

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
ぽん様

sakulanbo204  

2018-07-24 18:28

声、確かに、年齢的なものはありますね。
いけ花、どうもありがとうございます。
なんか、ほんと、先生はとってもお上手なので
それと比べちゃうと、教わっているのにどうして
同じ形にできないんだろうかって悩むのです。

EDIT  REPLY    

Leave a reply