FC2ブログ

外食 Eating out

ランチ・いったい何を学べと?

2 0
職場のしっちゃかめっちゃかは相変わらずなんだが、ま、とにかく、日々の生活を楽しんで、幸せをかみしめましょうと。

20180725_115529.jpg
昨日のランチ。
20180725_122224.jpg
私が頼んだ、フライドチキンのワッフルサンドと
20180725_122229.jpg
お隣の方が頼んだスカートステーキのサンドイッチ
20180725_115428.jpg
あと、リゾットとか頼んだ人もいたけれど、これは写真なし。

ワッフルサンド、おいしかったんだけど、自分で作るんだったら、ワッフルは砂糖ではなくて塩味にしたと思うな。




んで、以下、ひとりごと

ここ数年の状況を考えれば考えるほど、10年前の状況に酷似していることに気が付く。

10年前は、あっさりやめて逃げ出して、直後に幸せな生活が待っていた。

今回は、どこまで逃げても課題は追いかけてくるからと、逃げ出さないことに決めた。

でも、やっぱり問題はなくならない。

やっぱり逃げ出すべきだったんだろうか?

潮時なんだろうか?

まあ、逃げちゃうというのも一つの手ではある。

が、ここまで状況が酷似していると、逃げても、また同じ問題が発生しそうで、じゃあ、私の中のいったい何が、この同じ状況を引き起こしているのだろうかと。

そして、逃げてもダメ、逃げなくてもダメ。んじゃあ、どうしろっていうんだと。

可能な解決方法が思う付くなら、堂々と、上司かその上司に提言している。
でも、彼方立てれのば此方が立たぬの状況では出口がない。

幸い、「どうしましょう」とお伺いをたてて、概略のアドバイスをもらったから、深く悩む必要はない。「ええい、ままよ、なるようになれ」だ。と開き直ったら、涙が出なくなった。

も~う、どうにでもなれだ。私は何があろうっと幸せだよ。幸せバリアに包まれちゃったら、誰も私を傷つけることはでいないんだから。

もう、だまって、我慢して泣き寝入りはしない。出口がなくても、あとから、「どうしてこうしなかったんだ」って、最初に提言してあっさり却下された解決方法をとらなかったことを怒られることはさせない。そういうことは、ぜ~んぶ文章で報告させていただきます。

もう、誰が怒ろうが、、誰が不愉快な思いをしようが関係ないよ。濡れ衣はもうごめん…

って思い始めたら、繰り返すけど、涙が出なくなって、、それどころか、起きることというか、その中の各登場人物の行動が、もう、どうあってもコメディーとしか言いようのない様相を帯びてきた。

おい、あんたら、しらんぞ。そんなもの、確かめもしないでパブリックフォーラムに投稿しちゃって!
人が見てるでしょうが!

それも、確認するからメールを送ってって頼んで、私がメールを開けていた、たった3分の間に!

でも、これは職場の人だけに限らない。
思えば、私をして「大人は全員嘘つきだ!」と思わせた周囲の大人が全員とっていた行為であり、よく観察してみれば、元上司も今上司も時々やる。かなり仲がよいと思っていた同僚やお友達もやる。

「ね、私のやっていることってこんなに正しいの。すごいでしょ。みて、みて、みて、ほらほらほら」

で、私が、さりげなく、「ええ、それってううんと、あの...」と必要に迫られて(例えば、誤った情報を相手がパブリックサイトに投稿するのを阻止したくて)うっかり、「間違えてるよ」なんて言っちゃおうものなら、火がついたごとくに怒るか、ものすご~~~いいきおいで弁解に走る。あるいは、あっさり非を認めたふりをして、あとで陰湿な仕返しをする。

んで、そんな人たちに囲まれている私は???

周りの人が鏡だとすると、えええっ これが私のおなかの底に隠し持っている悪徳???

いえいえ、それは考えすぎ。生真面目に考えすぎるのがいけないんだよね。なんにも考えずに、幸せにすごしてればいいんだよ。そしたら、周りの人はコメディーの主人公を演じてくれるだけあだから。

斎藤一人さんがいうところに、「人の機嫌を取るんじゃないよ」「その代わりに、自分の機嫌は自分で取るんだよ」

この言葉が、今の私には一番必要なことなのかもしれない。

そう、この世の中の住人は、何を隠そう、私一人なんだから、あとの人たちは影にすぎないんだから、

そう、私はね、世界で一番きれいなの。
で、世界中で一番頭が良いの。

そりゃそうさ、登場人物は一人しかいないんだからね。

世界一美人で世界一聡明な主人公が、おおしくこの世を生き抜いていくのね、きゃあ!

ってか、本当は、暗い影の部分と、明るい光の部分を、両方あわせもっているのが、人間なのでしょうね。片方だけを抑圧して片方だけを伸ばすことなんて、できるわけないのに、それをしようとしている…

そう、みんな、みんな、ぜ~んぶ、わ・た・し。

スポンサーサイト



2 Comments

There are no comments yet.

ぽん  

2018-07-26 21:11

毎日、お互いにいろんなことがあるかと思うけど、なるべく楽しく幸せな方向に過ごして生きましょうねぇ~☆
と人には言えるけど・・・(苦笑
ワッフルをお食事編になってるの初めて見ました!!
日本ではあくまでもド~ナツやおやきのような扱いなので、お食事として挟む光景見たことありません!!
砂糖から塩に変えることによって、お食事物を挟んで食べられるかも!!

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
ぽん様

sakulanbo204  

2018-07-28 09:49

はい、毎日楽しく幸せにが一番ですよね。
ワッフルのサンドイッチ、レシピは見たことあったのですが
食べたのは初めてでした。塩味のワッフル、少し作ってみようと思っています。

EDIT  REPLY    

Leave a reply