FC2ブログ
アメリカ生活日記 My Diary in the US

ターキー

4 0
なんか、またブログをさぼり気味です。

20180808_131325.jpg   

写真は、最近、ときどき近所で見かけるターキー君。

日本の日本語だと七面鳥になるの?

あなた、放し飼いのペット、それとも野生なの?

カメラを構えるとすぐ遠くにいってしまうので、うまく撮れないのですが。

以下、ひとりごとかなあ、なんだろう?









フランス語の勉強のついでにと、オンラインでフランス語の聖書をダウンロードしてあったのだけれど、しばらく前に、とあるブロガーさんが、「すべてのものには時がある」みたいな内容を引用してらしたので、ちょっと興味深く思って、伝道の書の3章を読んでみました。あいにく、手元の日本語聖書もオンラインでみつけた日本語訳も、口語訳ではなかったので、そのブロガーさんが使っていたようなわかりやすい訳語になっていなかったのですが、確か、ダビデ王の作とされている書だと思います。

いつも、引き寄せの法則について、「なんだ、ぜんぜん、目新しくないじゃない。ぜ~んぶ、聖書に書かれていて、子供の時から教わっていることと同じ。でも、人には実行できずに、逆に、宗教紛争が大 きな戦争を引き起こしてきたんだよなあ」と思っていて、ときどきブログにもかいていますね。

いままでは、「聖書に書かれているさまざまな教えを集大成すると「引き寄せいの法則と同じになる」みたいな感覚で受け止めていたのですが、この伝道の書を読んで驚きました。

現代のスピブームだなんだって、いろいろありがたそうに言ったり話したり書かれたりしている内容、もうもう、この伝道の書の3章、この短い文章の中にぜ~んぶ入っているじゃない。おまけに、私のフランス語知識でも読めるくらい簡単に書かれている!

これ、紀元前の話。。。

もっとも、旧約聖書の創世記あたりは、人類史上初のポルノ小説と呼ばれているくらいだから、兄弟殺しにはじまって、まあ、ここで書くにはためらわれるようないろ~んな悪い事がどうどうと書かれていますね。

ああいう悪いことを繰り返し、やってきたのが「人」という生き物なのですね。

====================
んで、話題を変えて…

いま、内なる声が、「過去を許しなさい」と言っています。その声を聴いた(?)、(いえ、正確には聞いていません。私の頭に浮かんだ考えです)途端に、楽しかった中学校時代の思い出がよみがえってきて、涙があふれてきた。

そう、悲しかったんだよね、怒っていたんだよね。怒って当然だし、悲しんで当然だったんだよね。でも、もう忘れよう。手放そう。
あ、間がすっとばしてあるから意味不明ですね。

悲しくて、悲しくて、もう、二度と悲しむことも、泣くこともすまいと、何度も何度も心に誓っては、いつもすっかり忘れて、心を躍らせて、直後に地雷を踏んでドツボにはまる日々。それ以前に、「あなたには子供らしい心がないのですか?」と子供の頃から言われ続けた日々。

それと対局にある、きらきら輝いている思い出。あの日々がなかったら、私は10代で確実に自殺をしていたか、自暴自棄になって命を落としていたと思う。

あ、「手放します。なかったことにします。」とブログに書いたあとで、どうしてこんなことを書いているかというと...

意図的に感情を封印しようとしたのは、小学校高学年~中学生時代のことで、「子供らしい心がない」と言われていたのは小学校低学年の頃の話だから、原因と結果ではないのだけれど、このあと、もういちど、大学生の頃、生まれて初めて男性を好きになりかけたとき(すごい遅い初恋ですが)、一瞬、「あ、今、私、この人のことを好きになりかけている」という気持ちが頭をよぎったのです。その一瞬で、その後、急速に心が冷めました。 以後、この感情は凍り付いたままでした。

過去を忘れることは、過去を許し、ひいては、自分自身を許すことにつながるのですね
そう思えるようになって、そして、やっと、感情を解き放つことを、自分に許可できるようになった気がします。

私は、「悪魔の子」ではないのですね。だから、感情をときはなしても、そこから魔物が飛び出すことを恐れる必要はないのですね。

って、普段は幸せ一杯の顔をして、幸せな生活を送っています。
これは、お腹の奥底というか、ふか~い海の底に沈めていた、鎖でぐるぐる巻きにして封印してしまった秘密の箱の中身でした。

封印がとけてみたら、世界がもうひとつ、明るくなりました。

スポンサーサイト



4 Comments

There are no comments yet.

miyu  

2018-08-18 14:57

天の下に新しきものなし、って言葉ありますよね。昔から人間の考えることは同じようなことなのでしょう、

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
miyu様

sakulanbo204  

2018-08-19 17:55

ヘラクレイトスをはじめ、ギリシャの哲学者も同じようなことを言っているみたいですし、本当にそうですね。

EDIT  REPLY    

ぽん  

2018-08-19 22:16

(笑www
クリスマス近くなったらヤバイじゃない・・・
食べられちゃう・・・

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
ぽん様

sakulanbo204  

2018-08-21 18:43

はい、実は、私もそれを心配しているのです。
こちらだと、たぶん、11月の感謝祭の前が一番危ないかと(笑)

EDIT  REPLY    

Leave a reply