FC2ブログ

ひとりごと Musing

かりんとう・絶対にしてはいけない質問

2 0
 写真は6月末か7月のはじめに作ったかりんとう。

IMG_9199.jpg 




 

いつも、そんなことはないのに、この時は、何故か蜜が跳ねて唇に軽いやけどをしました。
IMG_9198.jpg 

不安感が引き起こしたのか、何かのシンクロのサインか、きっと、その両方だったのでしょう。

今は、きれいに治りました。

以下、最近いつものひとりごとです。

何度も、同じことを書いているような気もしますが…
先日のブログに書いたある出来事以来、またしばらく自分を責めていた。

どうして、このパターンが繰り返すのだろうかと。

よく考えてみれば、このパターンは、形を変えて、何度も何度も繰り返している。

発端はいったいどこ?

私がいったいどんな観念を作り出してしまったというの?

私のどこがいけないの?

お願い、直すから、教えて、ねえ、私がどんないけないことをしたの、私のどこが悪かったの?

これが、元凶ですね。

この世で、私を心から理解して、私の味方になれるのは、ツインソウルとかツインレイとかいう存在をとりあえず無視するとして…

この世の中で、私を完璧に理解できるのは、他ならない、私自身。敵の多い世の中を生きていく中で、私に唯一味方できるのは、他ならない私自身。

この私自身が、絶えず、「お前が悪い」「お前のせいだ」と、自分自身を責め続けていたら、誰一人、私の味方はいなくなってしまう。

すべてのことは、起こるべくして起こります。

先日、間違えてダビデ王の書としてしまって、正確には正確な作者は不明、おそらく、ダビデの子、ソロモン王の作とされている伝道の書に、

「神のなされることは皆その時にかなって美しい。神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。それでもなお、人は神のなされるわざを初めから終りまで見きわめることはできない。 」

というのがありますが、聖書を持ちだすまでもなく、中国の故事の「人間万事塞翁が馬」にも同じようなことが書かれていますし、最近では、三輪明宏さんの「正負の法則」にも同じような考え方がありますね。

あ、余談ですが、森茉莉さんの小説の中に出てくる、戦後の混乱期の美少年たち…あるいは、三輪さんがモデルなのではないかという気がするのですが…同じ時期に三島由紀夫さんや三輪さんたちとご親交がおありだったようですし…

閑話休題

唯一の味方である私が、私自身を、「お前が悪かったからだ!」と責め続けていれば、外の現実は、その事実を見せつけてくれます。

「私のどこがいけなかったの?」その質問こそがまさしく一番の原因。

そしてもう一つ、最近お会いした、20代の若い日本の女の子の言葉から学んだこと。彼女の言葉は、「…以来、人の作品を見る時は、いつもいいところを探そうと努力してきました」
というもの。

ああそうか、私、人とあって、ものごとを見つめる時、いつも、問題点、改善点を探してきているつもりだったのだけれど、結局は、人のあら捜しをしてきていたのですね。

私をとりまく現実も一緒。

まず、一番の基本。

私はこのままでいい。いまのままでよい。
過去を振り返って反省をするのは必要かもしれない。

でも、後悔はしない。自分を責めることもしない。
私は、思い煩って、何か小さなたくらみをしたからといって、何一つ、思い通りにすることなんかできない。
私が満たされていない状況で「人のために」良かれと思ってやったことが、ことごとく裏目に出る。

人の心を推し量りなさいなんていったって、人は千差万別、特に、私のように、感受性が正規分布の端っこのほうにいる人間にとっては、私の頭で先読みしたり、本から教わった知識を適用して先回りして考えた行動は、ほぼ必ず裏目に出る。平均的な感性を持っていれば、この部分はもう少し生きやすいのかもしれないけれど。

だから、平均的な感性を持たない私は、もうそれだけで、この世の中を渡り歩いていくのは大変。

よくもまあ、いままで、ぐれることもなく、人を思いっきり恨むでもなく、とりあえず、お気楽に平々凡々と危なげなく生きてきたもんだ。

辛かったんだよね。悲しかったんだよね。な~んにも、悪いことなんてしていないよ。そのまんまでいいんだよ。

無理に変わる必要なんてない。幸せになろうね。


スポンサーサイト



2 Comments

There are no comments yet.

ぽん  

2018-08-27 22:23

かりんとうを作られたんでしゅか!!  凄い♪
美味しくできましたかぁ~?  でも蜜で火傷・・・
気をつけてくださいね・・・
いつも高温の物と接してるので・・・

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
ぽん様

sakulanbo204  

2018-08-28 21:00

お心遣い、どうもありがとうございます。
いつもは、はねることなんてないし、ちょっとくらいはねても、
すぐに水で冷やせば大丈夫なんですけど、この時は、翌週のことを
すごっく心配していたのです。考え事がいけなかったみたいです。

EDIT  REPLY    

Leave a reply