FC2ブログ

日本滞在記

日本で食べたもの・ひとりごと

2 0
また間があいてしまいました。

日本で食べてものをまとめて

つけ麺
20190129_182040.jpg

どっか(スーパーだったのかな)で買ってきたお弁当
20190131_180818.jpg
駅ビルで見つけたデリで買ってきたお持ち帰り
IMG_2021.jpg
ラーメン
IMG_2015.jpg
アプリコットタルト
IMG_1996.jpg


以下、ひとりごと
日本の事件その他のことで「心が動揺しているの」と友人に言ったら、手塚おさむ原作のアニメのどろろをすすめられた。

これ、以前に、スピ的な話の際に誰かが話していた百鬼丸の話…と思ってちょっと興味深く見ていて…

ま、その前からいろいろわかっていたのだけれど…

まとめると

この世の正義と悪、あるいは善と悪は表裏一体。すべて私の中に内包している。

無理やり「善なるもの」だけ取り出そうとすれば、ジキル博士とハイド氏よろしく、悪のほうがどんどん勝手に成長していって、制御不能に陥るのがオチ。

絶対的な善はあり得るけれど、同時に、その対極としての絶対的な悪が存在してしまう。

で、ドロロを見ていて、戦国時代の合戦場面が多数でてきて…

戦いになれば、人と人は血みどろの争いを繰り返す。人が死ねばそこから恨みが生まれて、その復讐心は留まるところを知らず…

戦闘の絡む場面で、あるいはそれ以外の場所で、人による人の虐殺の話は尽きることがない。

書いたかどうか覚えていないけれど、たまたま見つけた1990年代の台湾で起きたという、日本人漫画家を父に持つという少女の誘拐虐殺の事件もこれに類するもの。。。

そんなことを考えていて、どろろの世界を見て…

私たち、みーんな、戦国時代を生き抜いた祖先を持っているから、ここで生きているのですよね。

そして、どろろを見ていて思った。

人は、怖い物は、目を覆って見ないようにする。幽霊とか、お化けとか。見ないほうが、もっと恐ろしい結果になるのに、本能的に目を覆ってしまう。だから、面と向かって対峙できない。

そして、古いバージョンの百鬼丸とどろろの会話で、「どろろ、こいつら(小鬼・悪霊たち)は、お前の身の上話を聞いてせせらわらっているぜ」という言葉が衝撃だった。

同時に、「霊」とか、「悪霊」「魑魅魍魎」の類は、たぶん、概念として、ずっと長い間、存在し続けていて、ある意味、実在するのだろうと。(神や天使が存在するのと同じ次元で)

ただし、悪霊が存在するとしても、「霊」は、それ自体では、何一つできない…

霊が悪さをできるのは、唯一、「人」を媒体として使うことに成功した場合のみ。

そして、そのような、俗に言う「何かにとりつかれた」人間は、時に、身の毛のよだつような凶行に及ぶことがある。

だから、本当に恐ろしいのは、「霊」ではなくて「生きている人間」
(あ、自然災害や事故、病気を悪霊のせいにしだしたらキリがないけれど、背後に人による手抜き工事や人為ミス、昔からの言い伝えにあるような竹藪を作っていなかったので被害が悪化した等々、説明はいろいろあるかと…全部が説明しきれないのが、人が霊なるもの、神なるもの、悪魔的なものを信じてしまう理由だけれど)

そして、百鬼丸の言葉が衝撃だった理由は…

我々が、過去を悔やみ、泣き叫び、嘆き悲しむ…という行為は、すなわち、これはそのまま、そのような悪霊的な、悪魔的なものにエネルギーを与え、我が身を彼らの居場所として提供するきっかけを与えてしまうこちになるということ。

だから、いろいろな人が、「人には幸せになる義務がある」という言い方で、明るく楽しく暮らすことを勧めているのですね。納得。

余談だけれど、先日、お花の新年会の席で出会った女性は、ベトナム系の、小柄で笑顔がとても素敵な知的な方...

18歳で家族と離れ、ただ一人「ボート」に乗って「難民」としてアメリカに来たのだと言う。たぶん、1980年代の話と思う。
「ボート」に乗ってしまうと、運よく大型船に救助されるまでの漂流期間は、一ヶ月近くになることもあるらしいのだけれど、彼女の場合は、運よく数日で救助され、別国に送られ、そこで米国の難民ビザの申請を待って...
その後の詳しい経緯は知らないのだけれど、UCバークレー大学を卒業してエンジニアとして働いているとのこと。
笑顔の明るい彼女からは、とても想像できないような過去があったのだとは思うけれど…
スポンサーサイト



2 Comments

There are no comments yet.

ぽん  

2019-03-18 20:32

美味しそうな物を上手く選択されてるじゃないでしゅかぁ~☆
お弁当もあっしが選びそうな具沢山だし、ラ~メンは博多とんこつだし♪
良かったですね~☆

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
ぽん様

sakulanbo204  

2019-03-24 22:31

ありがとうございます。
はい、ラーメンはとてもおいしくって幸せでした。

EDIT  REPLY    

Leave a reply