FC2ブログ
日本滞在記

日本で食べた焼き肉

4 0
これも、2月の日本滞在記
日本では二回ほど、焼き肉を食べに行ったのですが、こちらは一回目に入った、やたらと高級で全然お腹にたまらなかったお店の突き出し。
IMG_1984.jpg
これは、すき焼きだったのかな。あれ、焼き肉の写真がない。
IMG_1985.jpg
こちらは食べ放題のお店のもの。
IMG_2009.jpg
あれ、これは何かな。
IMG_2010.jpg
キャベツのサラダ。
IMG_2011.jpg
すごい勢いで片端から食べたんだけど…
IMG_2012.jpg
時間制限中に食べるのに忙しくて、写真があまりないや。
でも、お腹いっぱい日本の焼き肉が食べられて幸せでした。

以下、どうでもよいひとりごと。

ここしばらく、「いつもニコニコ明るく」しているのがちょっと辛い時期があった。
そして、火曜日に、仕事以外のことで、とある方と電話でお話をした。

この方の抱えている問題は、そのまま、私の問題の鏡なんだろうなあと思ってぼぉっと電話お話を聞いていて、この方のいらっしゃる場所での、いわゆる「こまったちゃん」の経歴に話が及んだ。

その時は、「へええ」っと思ったのに毛が生えた程度だったのだけれど、この話に対する私の反応は、電話の向こう側の相手とは真逆のもの。

自分では気が付かなかったのだけれど、無意識のうちに、電話のお相手を心の中で批判している自分がいた。

そして、翌日、「どうしてわかってくれないんだろう、ま、よく考えてみたら、ここ4年間、いつもこうだったんだろうな。気が付かなかったのは私だけで」とあきらめににた気持ちになりつつ、実は、半分半泣きになるくらい悲しい想いにとらわれた。子供の頃から何がつらいって、善意でやったこと、あるいは、まったく他意がなくやったことを誤解されるくらいつらいことはない。で、私がつかう、「どうして」「なんで」は、決して、相手に対する非難ではない。ただひたすら、「どうして」の答えが知りたいにすぎない。
「どうしてわかったくれないの。私のどこがいけないの」と

斎藤一人さんによれば、この、「私のどこがいけないの」という態度が一番の間違えらしいということまではわかるのだけれど、そこから先がわからなかった。

で、昨日だったかな、ふと気が付いた。「ああ、そうか」と。

火曜日にお話ししていたお相手の気持ちを、私は、「まるで理解していなかった」
だから、もし、私の本当の気持ちを知ったら、お相手の方も、きっと、「こんなに一生懸命にやっているのに、どうして、あなただけはわかってくれると思っていたのに、どうしてわかってくれないの」という気持ちになっただろう。

まさしく、鏡!

で、その思いで会社に行った今日、人の気持ちをくみ取ったり洞察したりということが極端に下手な筈の私が、ポーカーフェイスで会話をしている若干2名の男性の中に、「深く押し込まれた、内なる怒り」とでもいうような、不思議な怒りを感じた。まったく当たり障りのない普通の会話で、相手はまったく怒ってはいない。でも、声のトーンに抑圧されている怒りが乗っている…

ああ、そうか、人との会話がうまく行かなくなるとき、おそらく、私お声にも、こんな内なる怒りがみなぎっていたんだろうなあと。

そして、火曜日の会話の噂話の元になった、別の方の過去に思いが及んで…急に胸の奥が苦しくなった。
この方のことも、私は、心のどこかでバカにしていた。
まあ、正確に言えば、理解不能な行動にでる、不可解なお行儀の悪い方、割に自己中心的な、あきらかにはたから「わがまま」ととられる行動をする方...
戦争直後の日本で、経済的にかなりの苦労をされた中で、ふとした事情によりアメリカに来られた方だということを教えていただいた。
その過去に思いをはせることなく、上から目線で批判的に見ていた自分が、急にいたたまれなくなった。あれ、ここで、「いたたまれなくなった」って使っていいのかな?

アメリカに来るまで、自分のことを「お嬢さん育ち」だなどとは一度も考えたことはなかった。アメリカに来てからも、同世代の日本人は、ちょっとアルバイトしてためたお金で、あるいはOLさん時代の貯金で、またはご両親の援助で、アメリカに留学に来た人が多くて、み~んなおんなじような人達と思っていた。もう一世代上になると、よけいに裕福な家庭の出身者が増える。
中南米やアジアからの留学生しかり。アッパーミドルかそれ以上ではないと、アメリカに来ることなんて不可能…

でも、ここ数年、ほんとうに、いろいろな国で、いろいろな経験をして、様々な形でアメリカに来ることになった、たくさんのたくさんの人達を見てきて…
私が、いかに守られた環境で、守られて生きてきたのかに気が付いた。
様々な形で、様々な苦労をしてきた人たちが、やっと手に入れた今の生活の中で、第三者的にはわがままに見える振る舞い、非常識、利己主義と思われる行動に出てしまったからと言って、それを責める権利は私にはまったくない…

否、そんな大変な環境で、苦労してここまで来た人達の過去に思いやると、逆に、なんの苦労もせずに、安穏と生きてきた自分が恥ずかしくなるような気分になった。

不思議なのは、どうして、この思いが、噂話をした直後の火曜日ではなく、木曜日の夜の今になってこみあげてきたのだろうか?

あの、「どうして誰もわかってくれないの。私は何を学べばいいの。ダメ、わからない。ギブアップ。神様、おせーて!」とお願いしたお答えが今来たのかな???

追記:
大切なことを書き忘れた。結局いつもの、この世はバーチュアルリアリティの遊園地。ディズニーランドの中のアトラクション、ジェットコースターとか、ホーンテッドマンションとか
という結論になる。

いろいろな物事に直面したとき、それを理解するのに必要な鍵となる情報は、いつも当事者には隠されている。
スピリチュアリティだとかなんだとか、死んで最後の審判で神様の前で怒られるだとか、反省させられるかとか、はたまた、生まれてきた途端にあの世でたてた人生の目標を忘れてしまうとか…

結局、すべてわかっていたら、もう少し「いい人」になれるんだろうに、その情報を「忘れて」この世に忘れてくるなんて、実にバカげている。それはつまり、自由意志がないのと同じようなものじゃないか、どうしてそんなバカげた遠回りな回りくどいやり方をするの???という疑問にたどりつく。

答えは、
やっぱ、はじめっから答えがわかっちゃっていたら退屈だもんね。
ってことは、やっぱり、これは、遊びなんだと。
なぞなぞの答え探し、遊園地の迷路の出口探しと一緒。
答えがわかってないほうが楽しいからなんだろうなあと。
スポンサーサイト



4 Comments

There are no comments yet.

ぽん  

2019-03-28 22:14

すき焼きと焼肉のお写真が混ざってましたねぇ~☆
でも、美味しそう~~☆

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
ぽん様

sakulanbo204  

2019-04-01 22:10

あ、はい、この時は、半分のテーブルをすき焼きにして、もう半分を焼き肉にしたのですけど、すき焼きの写真だけになっちゃいましたね。焼き肉もおいしかったのですけど。

EDIT  REPLY    

とっつぁん  

2019-04-02 01:32

お~!!(^^)これは美味しそうで、写真より食べる事に専念してしまいそうなのが分かりますわ~(^^)
すき焼きと焼き肉を同時に食べる事が、そう言えば経験した事がないので、羨ましいです(^^)ビールが飲みたくなってしまいました(^^)

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
とっつあん様

sakulanbo204  

2019-04-04 20:34

はい、おいしいお食事と楽しいおしゃべりで、とっても幸せでした。
日本は良いですねえ。

EDIT  REPLY    

Leave a reply