FC2ブログ
Unclassified

手作りバター?

2 0
いえ、単に、生クリームの泡立てに失敗しました。

気が付いたのは大学生くらいの時と思いますが、私にとって、お菓子やパンが上手に焼けるかどうかは、私の精神状態のバロメーター。どれだけうそぶいて「幸せよ!」と言ってにっこり笑い、言霊様と精霊様のお力をお借りしようとしても、ふとした瞬間に、うっと涙がこみあげてきてしまうような心理状態の時は、作り慣れたお菓子も悲惨な結果になる。

今回は、とっつあん様のところで見たイチゴパフェがとてもおいしそうだったので、別の用事でトレジョに立ち寄った時に、イチゴとブルーベリー、生クリームとグリークヨーグルトとシリアルを購入した。

アイスは、アイスクリームメーカーで作ると、作り立てはソフトクリームみたいな状態になる。

まずは、これをソフトクリーム状に絞りだして、冷凍庫で少し固めようと思ったら…あらら、イチゴが高すぎて、冷凍庫の棚に収まらない。じゃあ、イチゴさんに少し沈んでもらおう…と上からおして無理やり冷凍庫へ。

IMG_9864.jpg

で、数分後に開けてみたら↑のような悲惨な結果になっていました。ソフトクリーム状に絞り出した部分が見る影もなくなっていた!
IMG_9876.jpg

それでは、気を取り直して、アイスクリームが固まったら、丸くすくいとってホイップクリームで飾ろうと、少し前から泡立てていた電動ミキサーの様子をみたら、スピードが中になっていて、永遠に泡立つ気配がない。そこで、最強にして、しばし洗い物に熱中。

普通は、最強に設定してちょっと洗い物をしたくらいでは、生クリームが分離するなんていうことはないんだが、今回は、その前に10分以上、泡立てて、十分にトロミがついていた。

「あ、しまった!」と思った時には、時すでに遅く、バターの黄色い粒があちこちに見えている状態に(涙)

仕方がないので、あきらめて、そのまま最強でしばし泡立てて、完全に分離させて、バターとバターミルクに分けました。

IMG_9866.jpg

なので、こちらも生クリームなしです。白い部分はグリークヨーグルト。

う~ん、中学校の調理の時間に教わって以来作っていない、生クリーム入りのフルーツパフェ…ちゃんと作ってみたかったよお。
昔の思いでだけれど、家庭科の時間に作った、赤ワイン入り(!)のフルーツポンチよりも、選択授業の調理の時間に作ったパフェのほうがすっとおいしいのはどうしてだろうかと考えて、「ああそうか、パフェには生クリームが入っていたけれど、フルーツポンチにはクリームがなかった」と気が付いた記憶があります。

パフェにグラノーラではなく、ケロッグを入れたのは、学校の帰りによく食べたラケルのジャンボパフェが、確か、アイスとケロッグ入りだったと記憶しているから。

それにしても、生クリーム~~~~~




ひとりごとの続き

前に書いたブログで、きちんと説明していなかったのが気になって(←スルーしてくださいって書いているから、どうでもいいはずなんだけどさ)

魂の時代への移行…的なことを書いた時に頭にあったのは、戦国時代くらいから続いている、力の強い物が絶対的な時代、上に立つものの意に沿わな刈れば、簡単に殺されてしまうような、そんな時代があったと理解している。

その後、ある程度の理屈や道理、人道主義的な動き、民主主義への移行はあったものの、民主主義だ、共産主義だ、イスラム教が、ユダヤ教だ...と、イデオロギーの違いや「正しさ」の定義を廻っての争い、戦争が後を絶たなかい…

そして、その根は、いろんなことで不幸せになっている個人にあるのではないかとなんとなく感じている。

人は、「正しいこと」をするべきであって、「正しいこと」がなにかなんて、旧約聖書の時代から記されているのに、人にはそれができない。

でも、上辺だけ、それができるような人達が、上に立って、率先して、「正しいこと」の潮流から外れた人々を次々に処罰していく…あるいは、社会から締め出していく…それが20世紀の後半~21世紀の初期に起きていることなんじゃないかと思う。

で、魂の時代、愛の時代になると、まあ、理想論ではあるが

一人一人が、まず、幸せになることを自分に許可する。

そうすると、他者に対して、比較的寛容になれる。

人が何かしたことに腹をたて、自分がそれによって苦しんだことを相手にしらしめて、相手にも同じ思いをしてほしいと思ったら、それは、永遠の復讐合戦になってしまう。

自分が正しいと思うことを他者にも課して、人がそれに沿わなかった時に、心ひそかにそれを非難し、あるいは、人に対して、飴と鞭の手段を用いて、人を自分の信じる行動規範に従わせようとすれば、そこには、絶対主義的な気配すら生まれてしまう。

そして、無意識のうちに人を非難する、その非難の眼差しや言葉によって、一番深く、ずたずたに傷つけているのは、ほかならぬ、自分自身。

逆に、人が小さな過ちを犯してしまったときに、そうなるに至ったその人の過去や、思想的な背景、頭の構造、育ってきた環境、現在の状況…そんなことに思いをはせながら、その人を、あやまちごと、優しく包み込むことができたとき、その温かい愛の光で満たされるのは、ほかならぬ私自身。

ま、イエス様が、「人を裁くな、自分が裁かれないためである」って2000年前から言ってらっしゃることではあるが。

そんな風に思った次第。

あ。ギリシャ神話のプロクルーステースのベッド(Procrustean bed)の故事も、こんなことが言いたかったのかなあ???
スポンサーサイト



2 Comments

There are no comments yet.

とっつぁん  

2019-05-07 03:22

お~っ!!(^^)この前コメントしてくださったとおり、パフェを作られたんですね!(^^)
アイスクリームメーカーを使って本格的ですね~(^^)さすがです!

恥ずかしながら、私、ホイップクリームを混ぜ過ぎると分離して、バターとバターミルクが出来るとは知りませんでした(>_<)
このバターをパンに塗って食べても美味しそうですね(^^)

でも、とても美味しそうに、パフェが出来上がってるじゃないですか~(^^)負けた~(>_<)あ~食べてみたい~(^^)

アイスクリームも生クリームも作ってしまうのに感動しました!(^^)

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
とっつぁん 様

sakulanbo204  

2019-05-07 19:53

負けてないですよ~~。とっつぁんさんみたいにおいしそうに作れたらいいなあっていつも思います。
アイスクリームとかお菓子は、アイスクリームメーカーが常時冷凍庫に入っていて、スタンダードタイプのミキサーがいつも出しっぱなしなので、材料混ぜるだけでなんでもできちゃうのです。

でも、おいしそうっていただけて嬉しいです。
ああ、だけど、生クリームにチョコペンでチョコ絞り出してって、やってみたかったんですよ~~~

EDIT  REPLY    

Leave a reply