FC2ブログ

外食 Eating out

7月に食べたビビンバ・ランチとか・スピなんてぜ~んぶ嘘!

2 0
ブログランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村

7月のフォルダの写真、ほとんどアップしていませんでした。7月は3月くらいの記事のアップに忙しくて...
IMG_2625.jpg
IMG_2623.jpg
こちらはIn&Outのバーガー
IMG_2593.jpg
TakeOutで買ってきてもらったベトナム風のバーベキューサンドイッチ。ベトナムはフランスの食文化の影響を受けているので、こういうパン食が多いと誰かから聞いた気がします。
IMG_9965.jpg
以下、ひとりごと。適当にスルーしてください。
===================

朝起きて、PASAITのさとかとさんの、自分軸がなんとかっていう動画の、「あなたは誰ですか、あなたは何がしたいですか…答えはいつも変わります。いつも、自分に問いかけてあげてください」みたいなところを思い出していた。
あと、斎藤ひとりさんの「心コロコロ(変わる)」という言葉も。

で、唐突に思った。
なんだ、私って、「ただの空っぽの空間じゃないか」って。まあ、よく言えば、広大な宇宙空間そのもの。器にすぎない。よく、度量の大きな人のこと、「器が大きい」って言うよね。

銀河鉄道999(メーテルとか鉄郎が出てくる奴)の車掌さんの体は、服と帽子をとっちゃうと何もない。

人の脳は、答えのない問題をつきつけられると、必死で論理的な回答を探し出そうとするという。

人は、空っぽで、空虚、私の中身というか、本質は、空であり、無であり、Void、だけど、この「無」は、仏教的な「無」であるからして、すべてを内包している。

私を定義しようとしても、それは、「私」というなにかを構成している構成要素であって、私自身ではない。名前しかり、洋服しかり、肩書しかり、持ち物、食べているもの、考え、思考、すべて

で、脳は、それにたいして、常に幻想を見せてくれている。だって、脳にとっては、「答え」を出すことが命だからね。

私にとって、物心ついてこのかた、「言葉」と「理屈」が「命」であるように。

ってことはさ、私がこの世と思っているものは、日々変りつつある私自身の心と頭が見せてくれている幻覚であって、これはないものを強く強く探しもとめている結果であって、つきつめると、なんでもありだから、引き寄せの法則もなりたってしまうし、次元シフトもアセンションもなんでもござれ、壮大で崇高な宗教があり、人類の歴史があり、無数の物語ができあがる。

おい、おれたち、なんか、だまされてないかい?

ーー社会に、歴史に、スピの考え方に…そして、ほかならぬ、自分自身の脳にーー
スポンサーサイト



2 Comments

There are no comments yet.

ぽん  

2019-11-17 22:27

どれも外国の食で、ベトナムのサンドもそそりましゅ☆
いろいろあっていいでしゅよねぇ~

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
ぼん様

sakulanbo204  

2019-11-18 17:07

はぃ、ベトナム料理、
大好きなので、嬉しかったです。

EDIT  REPLY    

Leave a reply