FC2ブログ

食べ物・食事 Food

ブレッドプディングのつもりが…あと、食事記録

0 0
ブログランキングに参加しています。
よろしければ両方をポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ'


旅行・観光ランキング

お菓子もパンも、レシピを確認せず、計量せずに目分量で作ると言うずぼらな性格のため...
キャラメルソースが固すぎて、あと、紅茶を入れたら色が悪くなって、型抜きに失敗して…

とほほな出来上がりのフルーツ入りのブレッドプディング。バナナとリンゴとマンゴー入りです。
IMG_1394.jpg

朝食の後、おやつに二個(!)食べました。
IMG_1396.jpg

以下、2日分の食事記録です。
今朝の体重は93.0ポンドでした。

昨日の朝食は、昨日アップしたブルーベリーマフィンを二個。
IMG_1377.jpg


その後、ヴィシソワーズのつもりがほぼマッシュポテト状態のポテトのスープ
IMG_1382.jpg

お昼ご飯
IMG_1384.jpg

夕食、トルティーヤの中身は昨日のキーマカレー。
IMG_1387.jpg

今日の朝食は、昨日と同じくブルーベリーマフィン。今日は一つです。でも、その後で↑のパンプディングを二個たべちゃいました。
IMG_1391.jpg

お昼は、そぼろを1人用のお重に入れてみました。下にはブラウンライスが入っています。ご飯少な目で、その上に鶏のそぼろをたっぷりと乗せました。
IMG_1399.jpg

こちらは冷蔵庫の残り物メインの夕食
IMG_1409.jpg

===
以下、思いのほどを独り言にしてつらつらと書く予定だったのですが…
ここ数日、うまく言葉にできません。
いろいろな…英語で言うAha! moment (a moment of sudden realization, inspiration, insight, recognition, or comprehension)
「ああ、そうか、納得、わかった」という小さな瞬間が毎日のようにあって、「これは書き留めておかなければ!」と思うのに、夜には忘れていたり、あるいは、覚えていても、次のAha!があって、前に気が付いたことはどうでもよくなってしまって...
わかっているのは、心がとても穏やかで落ち着いているということ。
コロナなさなかでこの心境ですから、あるいは、例の、「人生が変わる6週間のLife Changing Interventionプログラム」の影響かもしれません。
二つ、記録として書いておきます。ちょっと衝撃的な内容かもしれませんので、信仰をお持ちの方はスルーしてください。
あ、二つって書きましたが、つながっていますから、一つになるかもしれません。

まず、なんとなく、「なぜ人が悪魔信仰に走るのか」、なぜ、(少なくとも物語や映画の世界では「魔王の〇〇様」みたいな存在が栄えるのか、わかった気がします。
人は(少なくとも、私は)、絶対的に正しい命令を探し求めていて、その命令に服従してしまったほうがずっと楽なのです。
キリスト教の神は、強権を持って人間を服従させることをしません。究極、「私(神)を信じるも信じないも(すなわち、救われる救われないも)あなた次第」みたいなところがあります。とはいえ、「子羊の書に名前が書かれている者のみが救われることができる」
みたいなくだりがあって、本当に人に自由意志があるのかどうかは疑問が残りますが)
だから、私は、いつも、神に、ユニバースに、絶対者に、守護霊様(ガーディアンエンジェル?)に、「教えてください。私は何をすればよいのですか?何が真実で、何が正しいことなのですか?どうすれば、正しい選択をすることができるのですか?」と無意識のうちに問い続けていた。

この問いに対する答えが、悪魔信仰だと思う。悪魔様の言いなりいなって絶対服従してしまう人生、そして、その後に約束されるこの世の栄光…実に魅惑的と思う。

でも、この世には、人の頭で理解できるレベルでは、絶対的な善なる存在も、絶対的な悪なる存在もない。人が善を知覚するためには、その対極に悪なるものが存在する必要がある。善悪のみならず、これ、この世に存在するものすべてに当てはまる。

アダムとイブは、「善悪を知る木」の実を食べたために、楽園を追い出された…

そりゃあそうだよ。ひとたび、「善」と「悪」を区別することを覚えてしまったら、人はエデンの園に留まることはできない。
あまりにも当たり前な話…

20代の頃に読んだ、キリスト教の神に関する本の中で、「旧約聖書の神」と「新約聖書の神」の性質がガラッと変わっているというくだりを読んで、「ああそうか、善も悪もすべて内包した上で、さらにそれを統合してしまっているのが神なんな」と思った記憶があって、↑に書いたことは、まったくそれと同じなのだけれど、だから、新しい発見はなにもないのかもしれないけれど…

そうか、そういうことか…
と、ひとりで納得していて、結局、やっぱり、うまく言葉にできない独り言…
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply