FC2ブログ
レシピーお菓子 Recipes for Sweets

レモンクッキー(レシピ付き)

2 0
ブログランキングに参加しています。
よろしければ両方をポチっとお願いします。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


旅行・観光ランキング

レモンクッキー焼きました。
IMG_1876.jpg
中学生の頃から時々作っているレシピで、私の記憶が正しければ、元のレシピ

バター100グラム
レモンの皮の擦りおろし半個分(くらい)
レモンジュース 小さじ1杯(くらい)
粉砂糖100グラム
卵黄2個分
薄力粉100グラム
コーンスターチ40グラム

だったと思います。

で、元の作り方は、
バターをクリーム状にして、粉砂糖を加えてさらによく混ぜ、卵黄を一つずつ加えてよく混ぜ、レモンの皮の擦りおろしとレモンジュースを加えて、小麦粉、コーンスターチを合わせてふるったものを加えてさっくりと混ぜ、絞り出し袋に入れて絞り出して、200℃のオーブンで10分くらい、うっすらときつね色になるまで焼く

だったと思います。

アメリカで作る時は、いつも目分量の適当。小麦粉は、200CCのカップ1カップで105グラムくらいと記憶していますが、いつも200CC=100グラムでざっくりと概算。カップではかるときは、ふんわりとはかって、上面はすりきり。決してトントンと詰め込んだりはしません。

今回は、
バター1/4 ポンド(約110グラム=1スティック)を20秒くらいレンチンしてクリーム状にする(溶けても大丈夫)
粉糖をお米の一合カップに軽く8分目をバターに加えてだまがなくなるまでよく混ぜる。
レモンの皮のすりおろし1/4個分を加える
卵黄1個分を加える(卵黄2個だと焼いた時に生地がだれるので)
オールパーパス粉をお米のカップに軽く一杯強と、コーンスターチをお米のカップに80CCくらいを加えて、全体がしっとりするまで混ぜる(特に塊がないかぎりふるいません)
だいたいまとまったら、絞り出し袋に入れて、アルミホイルを敷いた天板に絞り出す。
(バターが完全に溶けている状態だと簡単に絞り出せます。なので、手の温度で生地が温まるくらいの量を絞り出し袋に入れて絞ると絞りやすいです。最初に、バターをレンチンで完全に溶かしてしまうというのも手です)
お好みで、ドライフルーツやチェリーを乗せて、真ん中を少しへこませる。
(レーズンを使う時は、必ず、切って使います。でないと、レーズンが膨れて焦げちゃいますので)

このレシピに限っては、火の通りのよい(つまり、空気とか入っていない天板で、シリコンシートも不可)、色の濃い目の天板にアルミホイルを敷いたものが、一番きれいに焼きあがります。熱の辺りが柔らかいタイプだと焼いている間に生地が誰てしまうので)

冷凍庫に15分くらい入れて生地を固める(バターがダレダレになっているので、この手間はぶくときれいに焼けません。

200℃に余熱したオーブンで10~15分、うっすらときつね色になるまで焼く。
注:この生地は、焼き色がついたと思ったら、あっと言うまに焦げますので、なれるまでは目を離さずに、きつね色になったらオーブンから取り出してください。

ちなみに、私のコンベクションオーブンは、予熱機能がないのですが、一回目は、16分焼いて、真っ白な焼き上がり、二回目は12分できつめのきつね色、三回目は10分できつめのきつね色になりました。 周りだけが焦げてしまう時は、途中で温度を少し下げてください。
↑の写真は一回目のもの。

二回目の焼き上がりはこちら
IMG_1884.jpg

さっそくアイスティと一緒にいただきました(*‘ω‘ *)
IMG_1900.jpg

6週間プログラムを実行して以来、基本、白砂糖禁止の生活だったのですけれど…
IMG_1911.jpg
コロナのこの時期、お友達におすそ分けってわけにもいかないし…

冷凍庫に封印すべきなのですが、もう少し食べたいと、クッキージャーに入れました。
IMG_1939.jpg

- ちなみに、クッキーの歯ざわりは、使用する砂糖の粒子の大きさと、油脂と水分の配合によって決まります。
ざっくり仕上げてければグラニュー糖、さっくりほろほろの場合は粉糖、ブラウンシュガーや日本の上白糖だとこの中間の歯ざわり。

- レシピによっては、「バターをしっかりクリーム状にすること」とかありますが、このクッキーのように粉に対して油脂の配合の多いクッキーの場合は、クリーム状に使用がレンチンして溶かしてしまおうが、材料がよく混ざってさえいれば、仕上がりの歯ざわりには影響しません。むしろ、溶かしバターを使ったほうが絞り出しが楽です。

- レシピによっては、真っ白くふんわり仕上がるのが良いクッキー...みたいなレシピもありますが、こんがりと、少しきつめの焼き色がつくくらい焼いたほうが、バターの香りの強い香ばしいクッキーになります。

- このレシピは、前の職場で日本の同僚に評判が良すぎて、大量に焼けないかと、楽に絞り出せるアメリカのクッキーガンや、型抜き、アイスボックス式といろいろ試したのですが、結論は、どれも、この繊細な歯ざわりが出せません。

- 大量に作ると手が疲れてしまうので、小麦粉100グラムのレシピで、焦がさないようにして焼くのが一番良いみたいという結論に達しました。

- 粉糖の量も、いつも適当です。レモンジュースを入れる時は、砂糖を少し多めにしていますが、焼きあがった時に、(アメリカ人には)甘さが足りなかったかなという時は、熱いうちにビニール袋に入れて、粉糖をたっぷりまぶしつけると甘くなります。
スポンサーサイト



レモンクッキー絞り出し手作りレシピ

2 Comments

There are no comments yet.

ぽん  

2020-05-24 21:28

クッキ~欲しい~~②~~~~!!!
レモンのクッキ~って意外と食べた事にゃいかも・・・
美味しそう・・・  分けて欲しい・・・

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
ぽん様

sakulanbo  

2020-05-25 19:26

そうなんですよ。いつもなら皆さんにおすそ分けなのに
今、我が家のキッチンで余ってます。
本当に、お近くでしたらおすそ分けできますのにね。
そういえば、レモン味のクッキーってあまりないかも
しれませんね。

EDIT  REPLY    

Leave a reply