FC2ブログ

レシピーお菓子 Recipes for Sweets

タルトレット焼きました(レシピ付き)

6 0
ブログランキングに参加しています。
よろしければ両方をポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ'


旅行・観光ランキング

タルトレットを焼いたので、覚書レシピです。
IMG_3150.jpg

お店で売っているような生地にしたければ、生地に3割くらいアーモンドプードルを混ぜるとおいしくなるのですが、ナッツには軽いアレルギーがあって、バター以外の乳製品も、なぜか、肩こりと首痛を引き起こすので、水で代用しています。カスタードは、バターを少し加えるとコクが出ますが、今回は省略です。

生地はクッキー生地
タルト生地:
バター約110g (1スティック) (室温に戻しておくかレンチン15秒くらいで柔らかくしておく)
グラニュー糖大匙3杯
卵1個
オールパーパス粉(薄力粉で大丈夫)1.5カップ(約180g)(カップはアメリカサイズ240ccを使っています。ふわっとはかって摺り切りで)

1) バターをクリーム状にして、砂糖、卵を加えて泡だて器でよく混ぜ、小麦粉を加えてゴムベラか木じゃくしでよく混ぜて、ひとまとめにします。(全体に粉っぽさがなくなるまで)。しっかりまざったらビニール袋に入れて麺棒で3~4mmに伸ばします。

普通のレシピは、寝かせてから伸ばせと書いてありますが、先に平にしちゃってから伸ばしたほうが絶対に楽です。(生地がベタベタで扱えない時に限り、冷蔵庫で先に寝かせますが)
厚さは適当です。冷凍用の袋に一杯に広がるくらい。こんな感じです。
IMG_3139.jpg

2)平な天板かまな板などに乗せて冷蔵庫で一晩寝かせます。
3)本当は、袋を切り開いて、タルト型より一回り大きな菊型みたいな型で抜いて、型に敷き詰めます。
手抜きなので、もともとの生地を少し厚めにしています。こんな感じで真ん中を少しくぼめて、型に合わせて切り取って
IMG_3140.jpg
4) こんな風に切り取ったものを指で型の大きさに合わせて伸ばしていきます。焼くと縮むので少し大きめに。
IMG_3141.jpg
5)フォークで、全体に空気穴を開けます。
6)375°F(約190℃)に余熱したオーブンで20分、全体がうっすらときつね色になるまで焼きます。

焼いている間にカスタードクリームを用意します。今回は生地の半分だけ使って4個分だけ作りました。

カスタードクリームの材料と作り方
卵1個(本当は卵黄1個にしてミルクか水200ccがいいのですが、卵白余らせなくないので)
グラニュー糖大匙2杯
小麦粉大匙1杯
コーンスターチ大匙1杯
水かミルク180CCくらい(お米の一合カップに一杯)
香りづけバニラエッセンス小匙1杯とラム酒(お好みで)大匙1杯

1)ボールに卵とグラニュー糖、小麦粉、コーンスターチ、水大匙1杯くらいを加えて、泡だて器でグルグルとよく混ぜ、だいたい混ざったら残りの水も加えてよくかき混ぜ、ここで一旦ザルかなにかで漉して(←手抜きの私が絶対に省かないステップ)小鍋に移す。
2)沸騰するまで強火、絶えずかき混ぜながら、ふつふつしてきたら、火を弱めて全体にとろみがついて線が書けるようになるくらいまで煮詰める
注)カスタードは中まで火が通りにくく、60℃くらいにしかならないケースが多いです。アメリカで、サルモネラの心配がある場合は、水ではなく、一度沸騰させた熱々のお湯(またはミルク)を使うようにしてください。(卵が煮えないように注意してね)
3)一旦火からおろして、バニラとラム酒を加えてよく混ぜる
4)カスタードが固まらないように、時々かき混ぜるか、カスタードの上面一面に粉砂糖をふるか、ぴったりラップをかぶせておく


20分してタルト生地が焼けたら
IMG_3142.jpg
5分くらい冷ましてから、型からはずして、底に薄くアンズジャムを塗ります(他のお好みのジャムでも大丈夫かと)
IMG_3143.jpg
この上にカスタードクリームを乗せて平にします。(写真、撮り忘れました)

お好みのフルーツをトッピングし、あれば、濃いめのゼリー液を塗って艶出しをします。

今回のトッピングは、湯剥きした黄桃と、種をとって半分に切ったアメリカンチェリー、あとブルーベリー。
ブルーベリーは、半量を鍋に入れ、少量の水と好みの量のグラニュー糖、それに、この量だとコーンスターチ大匙一杯くらいを加えて、ブルーベリーから水分が出てきて、全体にトロミがつくまで煮て、火からおろしてから、残りの半分のブルーベリーを加えて混ぜました。すみません、目分量で作りました。

ゼリー液:粉ゼラチン一包みを白ワイン大匙1杯くらいにふやかして、ここに沸騰してちょっと冷ましたお湯200ccくらいと砂糖大匙2杯くらいを加えてゼラチンを溶かしたものを塗りました。日本のゼラチンを使う場合は、パッケージの指示に従ってください。普通のゼリーより気持ち水分少な目で。

では、いただきます。
IMG_3159.jpg
スポンサーサイト



6 Comments

There are no comments yet.

銭右衛門  

2020-07-08 07:01

スゴイデカい!ね。
たぶん・・・
何となくしか大きさ解らないけど・・
じゃん~♪コレ!オイラ頂きに参ります~\(^o^)/

EDIT  REPLY    

ラーダ・ドゥーナ  

2020-07-08 07:15

う~ん、こういうのが家でできると外で買うこともないですね
アメリカの市販のケーキとかって日本人にとってどうですか?ちょうどいい甘さですか?
タイに住んでいた時はヨーロッパのブランドのお店があったのですが、個人的には甘すぎてダメでした
チョコレートの甘さもなんかお国柄ってのがあるような?

フルーツも乗ってゴージャスな感じに仕上がりましたね

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
銭右衛門様

sakulanbo  

2020-07-08 20:41

あ、ばれちゃいましたね。
写真ではわからないかと思ったのですが
日本のタルトレットの2倍はあります。
アメリカの普通サイズですね。
是非、お二つくらい召し上がっていってくださいませ(笑)

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
ラーダ・ドゥーナ

sakulanbo  

2020-07-08 20:43

どうもありがとうございます。
日本だったら絶対に作らないで買ってるんですけど…
アメリカのケーキは基本、ものすごく甘いです。
たまに、「ヨーロッパスタイル」のケーキを置いているスーパーがあって
こちらのほうが甘さ控えめで日本人好みのケーキです。
でも、ヨーロッパのお菓子も甘いですよね。
チョコレートは断然、ヨーロッパです。

EDIT  REPLY    

ぽん  

2020-07-08 22:04

あ~~!!  作るのは苦手だけど頂きたい!!!
クッキ~好きなのでタルトも好きでしゅ☆

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/

EDIT  REPLY    
sakulanbo204
ぽん様

sakulanbo  

2020-07-09 21:33

そう、クッキー生地で作るタルトなので
きっとお気に召しますね。
でも、フルーツは苦手だったような…
ブルーベリーならハスカップに似ているから
大丈夫かしら?
甘いですけどね。

EDIT  REPLY    

Leave a reply